読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浅瀬からこんにちは

沼って言える程でもない みたものきいたものの 記し場所。

恋するブロードウェイvol.3 01

味方くん 舞台感想

・3/1夜 :一般席・下手端
・3/2昼(千秋楽) :一般席・上手端

「恋するブロードウェイvol.3」

恋するブロードウェイ・略称恋ブロ。
お芝居でもミュージカルでもなく
「次代のミュージカルスターを目指す若者達が
ミュージカルナンバーを惜しみなく披露する」
エンタテインメントショーです。

簡単にまとめると
「すっげー歌が上手い上にかっこいい人たちによるめっちゃ豪華なカラオケ」 ww

 

ぴかぴかのイケメンが入れ替わり立ち替わり、
ブロードウェイミュージカルの名ナンバーに乗せて、美声とダンスを披露!!!
もうね、楽しくないはずがないでしょう。コンセプトだけでご飯お代わりのレベル。
vol.3というだけあって過去2回、同名の公演があったのですが、それはどちらも未見です。
vol.1は味方のデビュー作だったという…見たかったなあ。

そんな訳で当日までいいだけ期待を膨らませ、行って参りました。
結果→味方と皆の歌で号泣、お土産は翌日まで引きずる頭痛
泣きすぎて頭痛くなったの久しぶりです。
さてさてどんな公演だったのでしょうか。

会場・EXシアター六本木は出来たばかりのピカピカの劇場。
こけら落とし公演は私のご本尊B'z様でした
(チケットは存在が都市伝説と化していた

TDCホールもそうですが、最近は地下劇場の方が流行なのでしょうか。未だなかなか慣れません。
地下劇場はとても広い。座席は座りやすく、足下も広くて快適!
端っこ席でもステージ見切れが少ないのがいいです。

 

一人ずつの感想へ続きます。