読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浅瀬からこんにちは

沼って言える程でもない みたものきいたものの 記し場所。

テニミュ3rdシーズン 青学vs氷帝 その1 三浦宏規くんのこと中心

「はあっ?!」声が出た。3rdシーズンの青学vs氷帝が発表された時のこと。「青学8代目、卒業」の文字。8代目卒業しちゃうのかよ。早いよ。って思わずカレンダーを確認した。不動峰のお披露目から2年が経とうとしていた。そっか。もう2年か。

横アリやたまアリみたいな大舞台のドリライで卒業させてあげたかったなあ。でも本公演でできるだけしっかり見送らなくては。と気持ちを新たにしたところで氷帝キャストの名前を見て、腰をぬかした。

跡部景吾 : 三浦宏規

宏規くん。昨年5月の恋するブロードウェイvol.4で知って以来、若手俳優の中でも完全に特別視していた存在。熊川哲也に憧れて5歳で始めたバレエの実力は、数々のバレコンに出場・上位入賞という経歴からも明かだけど、実際に生で拝見して、彼の魅力はコンクールの結果で測れるものではないと感じていた。恋ブロの直前に拝見した日本を代表するバレエ団の公演、その公演の男性プリンシパルの踊りより、宏規くんの踊りの方が華があると感じたから。私はバレエの経験はあるけれど専門家ではないし、詳しく語れるほど他のバレリーナの踊りを知っているわけではない。けれど、宏規くんの踊りには、その年齢からは想像もつかない深みと、また希有なスタイリッシュさ華やかさを感じた。

やばい。宏規くんが来てしまった。見ておかなくては。今、見ておかなくては。8代目の卒業と三浦跡部を!取れる限りのチケットを用意した。

 かくして拝見した宏規くんの跡部はとにもかくにも「跡部」だった。高い期待値を完全に上回る出来でそこに跡部が居た。ダンス以外の歌・演技も大幅にレベルアップ、my初日の公演3日目にはほぼ完璧に出来上がっていた。ということは初日にはもう出来ていたってことだよ。なんという17歳。

体格は大きくはないものの、跡部というキャラに持っていて欲しい「気品」があふれ出す佇まい。氷帝のレギュラー陣を従えて青学に向かう姿は若い王の威厳を纏って神々しい。

2年間経験を積み重ねた青学に劣らない、一流の中学生テニスプレイヤー跡部景吾がそこにいた。


【ダイジェスト映像】ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 青学vs氷帝


1年前「もうすぐ17歳」と「早く王様になりたい」をはにかみながら歌っていた男の子。でもステージ上をグランジュッテアントゥールナンで飛び回る姿は既に若い頃のてっちゃんだしビリー・エリオットだしていうかマシュー・ボーンかな?!って美しさだったことを、氷帝校歌で舞う彼を見ながら思い出していた。「跡部のバリエーション」って男子の新作バリになってもいいんじゃないのかとか、テニミュと関係ないことまで思い出すほどの美しさと力強さ。跡部が実力のあるテニスプレイヤーである設定を肉体言語で表現する役者がテニミュに現れたこと。喜びで腕がなる上島先生のお姿が見えるような高い難易度の振り付け、それを完璧な美しさで魅せる宏規くんは、すっかり一人前のプロダンサーであった。

 テニミュをくさしているわけではないのをお断りしておくが、ミュキャスに選ばれる子は基本的に皆まだ素人だ。歌が上手い、アクロバットが得意、という特技を持つ子もいるけれど、お金を取れるレベルの特技を持つ素人などそうそういない。そんな子たちが特技も自分も伸ばしていく様を見守ることができるのもテニミュの魅力。なのだけれど、宏規くんのダンスに関しては既にお金を取れるレベル。プロである。であるからして、今公演は「いいものを観た」という満足度が、いつものテニミュ+αだった。本っ当にテニミュはいつも間違いなく楽しい。しかし今回はいつもの楽しさに「レベルの高い芸術を観た」という満足感が加わってしまって大変だった。またその芸術が、きちんとテニミュの文法に沿って、キャラを全うしたものだったからもうたまらない。6000円の価値#とはと頭をはたかれ続けたようなこの夏。

2ヶ月間、48公演を更に成長を重ねながら駆け抜けた三浦跡部。大千秋楽ではアクシデントを気迫のこもったパフォーマンスで乗り越え、挨拶で感極まった姿でようやく、目の前のアーティストが17歳であることを思い起こさせられた。本当は表情豊かに笑ったり泣いたりする子だろうに、2ヶ月間「三浦宏規」より「跡部景吾」として\ドヤアアア/なキメ顔メインで過ごしてくれた。本当にありがとう、お疲れ様でしたと言いたい。17歳の跡部景吾はきっと伝説になる。

贈り物を受け取ってばかりで申し訳ないので、彼自身のカメラロールには、氷帝や青学8代目や山吹と写した笑顔の写真が沢山残っている夏であればいいな、と願う。