読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浅瀬からこんにちは

沼って言える程でもない みたものきいたものの 記し場所。

恋するブロードウェイ 〜It's festival! メンバー別感想

今更ですが感想を書きます。10/14夜、10/16昼夜参戦しました。

恋ブロはいつも楽しい。一番楽しみな舞台。味方が出てるからっていうのは大きいけど、この先出なくなったとしても、見られるだけ観に行きたい舞台。
今年はメンバーみんな忙しそうだしどうかなあ…と思っていたのだけれど怒濤のねじ込みで開催された!サンキュープロマックス!
今回も本当に本当に楽しゅうございました。


メンバーごとの感想にします。

 

内藤大希
13500円ミュージカルデビューおめでとう!今年は本格舞台から2.5やうたうたい人みたいなコンサートもたくさん出演していて、大きく成長したな~(誰目線)と思わせられる貫禄でした。大希くんの歌は声にドラマ性があるというか、今回のような作品から曲だけを抜粋して歌うコンサートでも、聞き手に物語を思い起こさせる力があってすてきです。グランドホテルは来るなら大希くんに歌って欲しかったから、聞けて幸せでした。大希くんのオットーが見たくなったし、マリウスの先に沢山の名役が大希くんを待っている絵が見えた。


法月康平
ちょっとだけ、お顔が丸く見えた…長い脚のモデル体型はのりくんの強力な武器だと思うので頑張って維持して欲しいです。そして、岡さんが仰っていたように、無難に歌えてこなせてしまうだけに、のりくんの魅力を引き出せる選曲って難しいのかも。前回の「街灯に寄りかかって」「Sunset Boulevard」が2曲とも神がかって素敵だったので、また次回にも期待したいです。今回は全員で歌う時の高音パートはさすがの鳥肌でしたし、そして「運命よ、今夜は女神らしく」はすごく良かった~~!!ガイズ&ドールズ~~!!


矢田悠祐
矢田さん、本当に上手い。岡さんも太鼓判。んだけど、歌にストーリー性がないんだよね…大希くんと逆。すごく上手い人が与えられた課題曲を仕込んだカラオケを聴かされているようで、もう一声~~と思ってしまう。今あちこちの舞台に引っ張りだこの人気者だし、今年は帝劇デビューも果たして来年はアルジャーノンだし、スターダムをのし上がり中だからこそ、もっとミュージカルを好きになっていい歌を聴かせてね、って、高い望みを押しつけるよ。
Kinkyのバラードも良かったけど、Stepping out with my babyや去年の42番街のようなjazzyな曲を歌う矢田さんが特に好きだ。


常川藍里
初登場とは言え格の違いを見せつけた。さすがは大学首席卒業、既に四季の舞台に立っているだけのことはある。歌もいいし(特に低音パートの安定感がいい)ダンスはキレキレ×10くらいだし文句の付け所がないんだけど、なんていうかモブぢからが高すぎる。周りを蹴散らして自分を押し出していくのが苦手とみた。育ちと性格の良さがにじみ出ているよ…。群舞で周りに溶け込むのと同時に、藍里くん自身の魅力をもっと発揮している姿を見てみたいと思いました!


HERO
やっぱK-POP界はすごいね~!!アイドルのスキル高すぎか…!?のHEROくん、かわいらしいお顔にほっそい身体、なのにしっかり通る声(高い。)日本語も上手だし笑いのセンスがある。そして今回藍里くんや大希くんのりくんもダンスが上手いんですけど、HEROくんは飛び抜けて体幹しっかり滞空時間が長くて、「天使の羽かな?」って思いました。(ひろきちゃんは別枠)。フットルース、キャラにもぴったり合ってて最高可愛かったです!ペンラ振らせてくれ!


森田晋平
イケメンじゃない「男前」来た~~~!!平成のイケメン界には数少ないバタ臭い色男、貴重だと思います。森田くんはお父様も俳優さんで、ご自分も大学でミュージカル科卒らしい。初舞台とはいえ一通りのことはかなり高いレベルでこなせているので、見ていて安心感がありました。同時に弱みになるとしたらその新人らしからぬ安定感なのか…?お顔の雰囲気と相まって…?(笑)いろんなことにチャレンジして、初々しいところも沢山みせてくれると嬉しいですね♪Greased Lightningは「本物かよwwwww」ってなりました!


三浦宏規
今回は宏規くんがたくさんのお客さんを恋ブロに呼んでくれたのではなかろうか(笑)。現役跡部様の跡部様じゃないお姿はレアですね。宏規くんの存在を知ったのが前回の恋ブロであるので感慨深い。恋ブロは元々味方が所属していた事務所の主催公演だし、ひろきくんは去年の恋ブロ後、味方と同じ事務所に移籍していたので、今回開催されるなら絶対出てくれるだろうと踏んではいたのです。
が、千秋楽後の岡さんのお話で「去年はひろきくんのお歌が余りにゴニョゴニョでびっくりした。今年も出すと言われて正直どうしようかと思った。去年と同じだったら出さないよと思った」というエピソードが語られて驚きました。去年は初々しくてダンス上手くてかわいい~~~~でこっちも精一杯で、歌は達者ではないけどこんなもんじゃない?くらいに感じていたので、ひろきくんのお歌がそこまで岡さんの琴線に触れていなかったとは…。しかしテニミュ跡部×48公演を演じた経験は大きかった。岡さんも「すごく上手くなってた」って仰って下さったし、バレエの素敵さは言うまでもなく、そして今年は色気が出ましたね…17歳の色気……罪深い……(なんでよ。街灯に寄りかかっては去年のりくんがさわやか100%のビルを素敵に演じた曲なんだけど、今年のひろきくんはのりくんよりも妖艶というか、セクシーなビルでした…17歳にくらくらした…17歳……跡部の経験は少年を青年に変えた。


味方と全体セトリについては別エントリで。

テニミュ3rdシーズン 青学vs氷帝その2 青学8代目のこと

8代目の青学、印象はずっと「普通の人たち」だった。

もちろんみんな若くてかっこいい俳優さんたちなんだけど、直前の代、恵まれた(ファンに人気の高そうな・原作キャラと親和性が高そうな)容姿に実力が伴った7代目と比べるとどうしても普通。更に、キャスト発表直後から続々と明かされた大小の不祥事により、その人気はマイナスからのスタート、界隈は公演が進んでもほとんどレバレッジがかからないという空気だった。

個人的には残念だなあと思って見ていた。8代目、とても好みの青学だったからだ。
プライベートのsnsがどう炎上しようと、ステージの上の彼らはいつもとても愚直に真摯だった。意識が低いと言われても。未完成。でもそこに惹かれた。

vs不動峰では明らかに不動峰の方が学校力が上だったし、vs聖ルドではルドルフのアイドル人気に押されぎみ。vs山吹ではまさかの新キャラ大人気にまたしても陰に隠れがち。

でも密かに、確実に、青学8代目は強くなってた。古田一紀は著しく成長し、中学生らしいリョーマを見事に存在させてくれた。神里優希は髪がヅラから地毛になってより美しく。石田隼は目をむくレベルで歌が上手くなり、本田礼生の菊丸力は磨きがかかるばかり。滝川広大は優しくて大きな心のタカさんなのにどこかスタイリッシュ、眞嶋秀斗の美しさは桃ちゃん先輩の熱さと奇跡のコラボを魅せるし、田中涼星の乾は「乾ってかっこいいキャラだったの?!」と驚かされるし、佐奈宏紀の海堂は可愛いお顔にマムシの激しさが眩しい。声も素敵。トリオの三人は可愛さとダンスと歌のクオリティが本物のトリオだった。


昨日よりは今日、今日よりは明日と目に見えていい役者になっていく青学キャストは眩しくてたまらなかった。

そしてドリライ、卒業公演のvs氷帝が来た。

氷帝で三浦宏規くんが跡部を高いレベルに持ってくるのは想像できた。問題は手塚だ。財木琢磨だ。

vs不動峰で財木の手塚を初めて見たときの感想は一言でいうと「草」で、顔は綺麗だけどこんな何にも出来ない子を手塚にしてどうすんのwwwwと選考陣の思惑を計りかねた。でも大勢の中から手塚国光に選ばれたのが彼なのだから、きっと何かあるんだろうと思った。その時は本当に全然わからなかったけど。

草はvsルドで刈り取られた。この子、歌が上手い!
名曲ドリームメーカーをたどたどしく、でも美しく歌い上げる姿は、応援しようと思わせるに充分だった。

山吹ドリライを経て、氷帝戦。
もう手塚が歌い出した瞬間から心が震えた。油断せずに行こう2016。
この歌は氷帝戦の目玉になると思った。

実際は古田リョーマの「俺に勝っといて負けんな」もベストテンションも全力で試合に挑む青学レギュラーもトリオも三浦跡部率いる氷帝もかっこよくてかわいい山吹も全て全て良くて全部目玉だったのだけれど!最後の最後で財塚の演技と歌が公演のクオリティを高いところに押し上げていた。もうさ~~~天然のくせに、顔だけ綺麗で芸事全然駄目だったくせに、このレベルに持ってくるとかさ~~~~…一体どんだけ努力したんだよざいきたくま~~~~~!!!(号泣

youtu.be

先日、「歴代の青学メンバーから自由にチョイスしてぼくがえらぶ最高の青学を作る」遊びをしていた。難しくもあるし倫理的に(?)できない部分もあるんだけど、楽しく選んだ。つもりで、多くのキャラが8代目からのチョイスになった、私だった。

普通の人たちの努力の青学。8代目12人の未来が楽しみ。大好きだよ。

テニミュ3rdシーズン 青学vs氷帝 その1 三浦宏規くんのこと中心

「はあっ?!」声が出た。3rdシーズンの青学vs氷帝が発表された時のこと。「青学8代目、卒業」の文字。8代目卒業しちゃうのかよ。早いよ。って思わずカレンダーを確認した。不動峰のお披露目から2年が経とうとしていた。そっか。もう2年か。

横アリやたまアリみたいな大舞台のドリライで卒業させてあげたかったなあ。でも本公演でできるだけしっかり見送らなくては。と気持ちを新たにしたところで氷帝キャストの名前を見て、腰をぬかした。

跡部景吾 : 三浦宏規

宏規くん。昨年5月の恋するブロードウェイvol.4で知って以来、若手俳優の中でも完全に特別視していた存在。熊川哲也に憧れて5歳で始めたバレエの実力は、数々のバレコンに出場・上位入賞という経歴からも明かだけど、実際に生で拝見して、彼の魅力はコンクールの結果で測れるものではないと感じていた。恋ブロの直前に拝見した日本を代表するバレエ団の公演、その公演の男性プリンシパルの踊りより、宏規くんの踊りの方が華があると感じたから。私はバレエの経験はあるけれど専門家ではないし、詳しく語れるほど他のバレリーナの踊りを知っているわけではない。けれど、宏規くんの踊りには、その年齢からは想像もつかない深みと、また希有なスタイリッシュさ華やかさを感じた。

やばい。宏規くんが来てしまった。見ておかなくては。今、見ておかなくては。8代目の卒業と三浦跡部を!取れる限りのチケットを用意した。

 かくして拝見した宏規くんの跡部はとにもかくにも「跡部」だった。高い期待値を完全に上回る出来でそこに跡部が居た。ダンス以外の歌・演技も大幅にレベルアップ、my初日の公演3日目にはほぼ完璧に出来上がっていた。ということは初日にはもう出来ていたってことだよ。なんという17歳。

体格は大きくはないものの、跡部というキャラに持っていて欲しい「気品」があふれ出す佇まい。氷帝のレギュラー陣を従えて青学に向かう姿は若い王の威厳を纏って神々しい。

2年間経験を積み重ねた青学に劣らない、一流の中学生テニスプレイヤー跡部景吾がそこにいた。


【ダイジェスト映像】ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 青学vs氷帝


1年前「もうすぐ17歳」と「早く王様になりたい」をはにかみながら歌っていた男の子。でもステージ上をグランジュッテアントゥールナンで飛び回る姿は既に若い頃のてっちゃんだしビリー・エリオットだしていうかマシュー・ボーンかな?!って美しさだったことを、氷帝校歌で舞う彼を見ながら思い出していた。「跡部のバリエーション」って男子の新作バリになってもいいんじゃないのかとか、テニミュと関係ないことまで思い出すほどの美しさと力強さ。跡部が実力のあるテニスプレイヤーである設定を肉体言語で表現する役者がテニミュに現れたこと。喜びで腕がなる上島先生のお姿が見えるような高い難易度の振り付け、それを完璧な美しさで魅せる宏規くんは、すっかり一人前のプロダンサーであった。

 テニミュをくさしているわけではないのをお断りしておくが、ミュキャスに選ばれる子は基本的に皆まだ素人だ。歌が上手い、アクロバットが得意、という特技を持つ子もいるけれど、お金を取れるレベルの特技を持つ素人などそうそういない。そんな子たちが特技も自分も伸ばしていく様を見守ることができるのもテニミュの魅力。なのだけれど、宏規くんのダンスに関しては既にお金を取れるレベル。プロである。であるからして、今公演は「いいものを観た」という満足度が、いつものテニミュ+αだった。本っ当にテニミュはいつも間違いなく楽しい。しかし今回はいつもの楽しさに「レベルの高い芸術を観た」という満足感が加わってしまって大変だった。またその芸術が、きちんとテニミュの文法に沿って、キャラを全うしたものだったからもうたまらない。6000円の価値#とはと頭をはたかれ続けたようなこの夏。

2ヶ月間、48公演を更に成長を重ねながら駆け抜けた三浦跡部。大千秋楽ではアクシデントを気迫のこもったパフォーマンスで乗り越え、挨拶で感極まった姿でようやく、目の前のアーティストが17歳であることを思い起こさせられた。本当は表情豊かに笑ったり泣いたりする子だろうに、2ヶ月間「三浦宏規」より「跡部景吾」として\ドヤアアア/なキメ顔メインで過ごしてくれた。本当にありがとう、お疲れ様でしたと言いたい。17歳の跡部景吾はきっと伝説になる。

贈り物を受け取ってばかりで申し訳ないので、彼自身のカメラロールには、氷帝や青学8代目や山吹と写した笑顔の写真が沢山残っている夏であればいいな、と願う。